ARTICLE PAGE

冬の旅路2016岐阜・愛知 前編

伊与田まと、クリスマスに悪魔の一人旅の巻 for岐阜・愛知(前編)

岐阜の高山・下呂を見て、次に名古屋周辺を散策する予定です。イキます。

rako01.jpg
2016/12/22㈭
出発の日

この日は日中は普通に仕事の為、終わった後に夜行バスで名古屋へ向かいまそた。

24時杉に都内某所から出発するバスでした。

仕事を奇跡的に定時に上げ、余裕を持って移動できましたが、

東京について見ると謎の嵐。

猛烈な風と雨!!

折りたたみ傘しかもっていなかったのですが、さしていると風で逆側に折りたたまれそうになっていました。

一日目の移動中ですでにコート・カバン・靴などが濡れまくるという地獄。

12月ってそんな雨ふりませんでしたよね。。。開幕から先が思いやられる展開です。


そして、次なる地獄。

夜行バス。

いい年してケチってそこそこのバスにしとりました。

夜行バスについては今までも京都方面など行く場合はよく利用してました。

あの独特の輸送されてる感は割と好きです。

ですが、それはリラックスできる容量のバスならの話。

ケチってしまった今回は、なんの眠る用の設備もない

隣の人とも遮られていないオープンフリー。ソケットもなし。

席を倒す場合は後ろの人に声をかけなきゃいけないレベル。ンン!!

以前使ったやつは席にテレビがあって映画なんぞも見れたのに!!

席も隣とカーテンで遮られてて、ケータイの充電なども出来た・・・。

ンー!!w

夜行バスをケチるのはやめようね!!と思いました。

隣のやつめっちゃ咳してて感染の恐怖もありました。怖!!


文句言いつつも仕事の疲れですぐ寝られ、起きれば名古屋についてました。

2016/12/23㈮

20161223070941.jpg
▲やりたい放題かよ名古屋

さっむい早朝の名古屋駅です。

ここでふと自分が何を考えているのかわからなくなりました。

俺は岐阜に行くんじゃなかったっけ?

初日の宿も下呂温泉に取ってあります。

そう、なぜかずっと名古屋から電車かなんかで岐阜の高山方面に行かなきゃ・・・という意識があり、

東京から名古屋行きの夜行バスに乗っているたのですが、直接岐阜に行ってまえばよかったのでは?という事を

なぜが名古屋の冷たい朝の空気が思い起こさせてくれました。ありがとう名古屋。すみません。

謎の名古屋空気を吸い、すぐさま高速バスの乗り場をみつけて岐阜の高山へ向かいました。


バスに揺られ2時間半程度。名古屋を抜けると一生田舎風景でした。中部地方ですね。

バスの中でずっとバトルガールしてました。アホ。

高山駅到着。飛騨高山です。よくわかんないですが情緒ありそう。

以前から雰囲気良さそうだったので来てみたかった場所です。

岐阜初上陸の伊与田くんにとってはションテンガリアーです。が。

雨!

オォン!!!

前日の雨が依然止まず。

ギリ傘がなくても行けるレベルではありますがションテンサリガー。

201612tabiji (41)
▲雨の雰囲気は案外好相性?な町並みの気配を匂いますね。
201612tabiji (39)
▲飛騨のやんちゃ坊主。実は猿じゃないらしい。
20161223102011.jpg
▲氷菓の聖地だったらしいです。知らなかったです。


で、散策もいいけど飯よ!ナニ食うってそりゃ・・・お前・・・

飛騨牛わよ。

それ以外何もいらないってテンションで飛騨牛への執着。

飛騨牛を探していると2秒でお店が23件みつけました。さっすが。

んでまず串ィ。

201612tabiji (40)
照りの主張が凄いですが、味もかなりパンチがありました。
肉ソムリエじゃないので他の牛肉となにが違うかわかんないんですが、美味しかったです。

まだ、まだ肉欲が止まらない!!!!!!

ですが肉以外にも色々な看板が上がっています。

飛騨そば。なんかそばどころさんっぽいですね。

飛騨高山ラーメン。飛騨牛のせちゃいました的なラーメン?。北海道の美味しいもの全部のせ旅行客向けラーメンと同じ気配を感じたのですが、ご当地ラーメン好きマンとしてはチェックしたい。

あとおせんべいやお団子も力あるっぽいです。前歩いてたおばさんが言ってました。

そこでまずはおやつ代わりにお団子購入。90円

201612tabiji (43)

なんかすぐ上にも同じような画像がありますが、こっちはモチモチした団子です。
宇宙一おいしいお団子だと思いました。

お団子を食べつつ引き続き散策。

腹を減らしたい。

201612tabiji (42)
▲なんか太古のポストらしいです。今でも使ってるらしい。

201612tabiji (44)
▲ぴーちくぱーく。観光ガイドにも乗っていましたが、内装を見て入るのやめときました。
201612tabiji (46)
201612tabiji (47)
201612tabiji (48)
▲風情オンリー。
201612tabiji (53)
▲邪神チタンダエル降臨。買いませんでした。同級生のもう一人の女の子買いました。
201612tabiji (52)
▲やんちゃ坊主を守るコラッタ。
201612tabiji (50)
▲塔を守るケーシィ。
201612tabiji (51)
▲人面岩
201612tabiji (52)
▲さっきと同じ画像です。

お腹が空いたのでちゃんとしたご飯と思い、飛騨牛のなんかを探しました。

普通ならステーキとか飛騨牛のおいしさが分かるものが良かったのですが、
201612tabiji (45)
牛丼!庶民の味!!牛を食べるなら牛丼という思考です。
正直味付けが濃くて牛本来の味って感じではなかったですが、牛特有のヘロ感が楽しめました。
rako02.jpg
▲テーブルに置いてあった飛騨の郷土民芸おもちゃ的な箱入り娘っていうパズル。
地味に難しくて何十分か遊んでました。解けませんでした。

特になにが見たいというわけでもなく訪れているので、ある程度見たら行く場所なくなりました。
ガイドマップにあった施設もやってないところが多かったです。
あと天皇誕生日なので国旗があがっていました。関係ないです。

時間も15時頃になっていましたので、そろそろ下呂温泉に向かおうと思いました・・・が


最後にやっぱり気になる!!昼飯食ってまだ1時間半くらいだけどあいつだけは食っておきたい!!と思い

201612tabiji (54)
高山ラーメン食べました。お店は駅の近くのとこです。分かんねえだろ~
伊与田調べによると、この器に対して量が少なめなのも特徴の一つらしいです。少食なんですかね。
このお店は細麺と薄味の醤油スープ。テーブルにあるタレを入れると濃くできるみたいですが、食べ終わった後気づきました。
筍をのせちゃってるのも特徴らしいです。チャーシューは多分飛騨牛です。
豚のチャーシューみたいな油感はなくしっとりして噛みごたえのある新体験でした。

食った後に気づいたのですが「君の名は」で食ってたアレも高山ラーメンらしいです。

若干君の名はのポスターがあるなって思ってたらあやかってました。ちゃっかりしてんな~。

ご当地の味をしっかり味わえたので満足して飛騨高山を後にしました。

ポケモンGOもやってたんですが、シェルダーをよく見かけました。シェルダーが欲しい人は行きましょう。

201612tabiji (38)
▲お土産で買った宇宙一可愛いこけし。
紙で出来ています。

確かな手応えを感じつつ、電車で下呂駅に向かいました。

道中寝てたんですが、向かいにさらっさらのおかっぱの女の子が座っててサラサラやな~と思いました。


下呂温泉到着。
201612tabiji (19)
▲めっちゃ晴れてますが、実際は雨です。画像は別の日です。

下呂温泉街はかなりの山の中の温泉地という感じでドキドキしました。
あとカップルがいっぱいいてドキドキしました。
温泉街とエロスは切っても切れませんね。ハハハハハ!!!!!!

この時すでに17時頃でしたので、とっとと宿に入っておきました。
街の散策は翌日しよう。

今回は宿がなかなか見つからなかったので民宿にお世話になりました。

入るやいなやいきなりお風呂が空いてるとのことだったので凸。

大きな浴場はなくて、普通の家のお風呂場に彫り込んだ浴槽があり、温泉が常に出続けている状態です。

一人でゆっくり浸かれました。気持ちええんじゃ!!

じゃが、ここでわしはふと思った。

タオルがないんじゃ!!

民宿ゆえ、言ったらあったかわらんが自由に貸してくれるタイプではなかったんじゃ!

わし自身もバスタオルは重くなるし宿で貸してくれると思って持ってきてなかったんじゃ!

故に、わしは風呂上がりに犬のように見を振るい水を飛ばすしかなかったんじゃ!

ウワオアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!

rako03.jpg
▲仕方なく敷いてあった足拭きに寝転がりせんぷうきで自然乾燥を図るワイ。

そんなこんな工夫し、ある程度乾かして風呂からでられたんです。

その後は晩御飯をいただきました。

201612tabiji (1)
昼結構食ってたのでそんなにお腹空いてませんでしたが、

天ぷらや焼き魚が美味しくてご飯もモリモリ食いました。


その後、ひとやすみしてからコンビニで酒とツマミとバスタオルを買い、もうひとっ風呂浴びたあとに

テレビでやってたベイマックスを見ながら晩酌していました。ぐう最高。

これにて長かった12月23日が終わるのです。

楽しかっぱ!!!!!!

後編では下呂温泉街と名古屋と真剣勝負!!!!!!
関連記事
写真旅行