ARTICLE PAGE

ポケモン映画 クソレビュー

こんにちは伊与田です。キミにきめたの感想を書きます。
壮絶ネタバレですから大注意です。
今回ポケモン映画20週年で最初の話のリメイクっちゅうことで

発表当初からかなりインパクトのある題目となっていたわけですな。

ところが情報が解禁するに連れ、カスミ・タケシが居ない・謎の新キャラ

アローラの新ポケモンがバリバリ出る・帽子が違う・ピカチュウが丸くない!等

あれ~~~?って思う情報が多々…これってもしかして普通に例年通りの

ちょっと初代にかぶれた様なお話なのでは??とか思ってしまいました。
(逆にそのおかげで変なハードルが下がってくれた様な気もしますが)

ほんで、見ました

事細かにいじっていきます。


OPまでのアニメ一話リメイク部
まずポケモン映画といえばOPまででガッツリ盛り上げる風潮があるように思います。

今回はリメイクなのでサトシが家でポケモンバトルのテレビを見ているところから。

ここでいきなり気になりポイント、最初のバトル部分がなんとカメックスvsゲンガー。
(この後ゲンガー交代でフシギバナが登場)

は?ここはニドリーノvsゲンガーだろ!ふざけんなと思ったのですが、

結果的に言うとカメックス・フシギバナが劇中ここくらいしか出番がなかったっぽいです。
(リザードンはサトシが持っているので)

初代フューチャーなのに御三家が出ないのは確かに変なので、ここは後から納得しました。

あと、サトシはアニメ1話で博士に欲しいポケモンを言う際に最初にゼニガメ>フシギダネ>ヒトカゲの順で

要望するのですが、これはこの前日みたテレビに影響されていた?という事も理由付けにもなっているとも考えられます。


続いて翌日ピカチュウと出会い、旅に出ます。ポケモン図鑑は登場しませんでした。ちょっとさみしい。

ピカさんが今の形状でふてぶてしさが全然無いのですが、これはこれでかわいいね。


オニスズメの件へ進みます。アニメではカスミが川に落ちたサトシ達を釣り上げますが、

ここでは自力で這い上がっています。ここがアニメとの分岐点でしょう。

カスミが釣れず(もしくは釣りに来ていなかった)、もっと下流まで流されたのが映画の世界だと思われます。

ピカチュウが電撃でオニスズメを追い払うシーンですが、本来なら雷がピカチュウに落ちてすごい放電を行うシーンですが

映画では落雷の描写が描かれていませんでした。ちょっと疑問。

この後ホウオウがかなり近くを飛び去り、虹色の羽を手に入れます。

カスミに釣られず下流に流された結果、アニメよりホウオウに近い所にいたのかもしれませんね。

ここでOP。OPまでが濃い。OPが未だっていうのも忘れていたくらいです。

キャタピーゲット等はOPの中でダイジェストでやっちゃってます。



この後エリカとのジム戦が描かれます。エリカの声優さんがそのままだったのが最高・感動です。

一応ジムめぐりはやっていた模様です。バッチ3個めでタマムシに来ているということはマチスと戦っていない?

ライチュウ戦も映画にピックアップしてもいいエピソードだと思いますが、完全に割愛です。

あと普通にアイアンテール打っててビビります。技構成は今のピカチュウと同じっぽいです。

久しぶりにかみなりとか高速移動ピカチュウが見たかったけど、仕方ない。


新キャラについて
新しい仲間ふたりともシンオウ出身者。ダイパリメイクを匂わせますが、

ただ純粋にポッチャマ・ルカリオという人気ポケモンの発祥がシンオウだったからということも

考えられます。シンオウポケモンというか第4世代ポケモンは人気者多いですね。

この映画はサトシが旅だった時点で第7世代までのポケモンがいるわけですから

カントー以外の地方のポケモンを所持しているトレーナーがいるのは、むしろ自然。

第7世代からアニメを放送開始してたら、という風になっていると考えると納得。

ちなみに野生ではカントーポケモンしか見られませんでした。ここが良い。

アニメではカントーで2度旅をしていますが、2度めのカントーではジョウト・ホウエンポケモンも

普通に野生で出現していました。ちょっとそれが嫌だったので、ここはかなり良い。


話を戻って新しい仲間の二人ですが、どちらも歴代の仲間の要素を少しづつ持っています。

女の子のマコト
・カスミと同じ水ポケモン使い、ボールにチュウする、髪を解くとかわいい
・ハルカと同じで親が凄腕トレーナー
・ヒカリと同じでポッチャマ使い。技も同じだった
・アイリスっぽくサトシを子供扱いする傾向(マザコンのサトシをいじる等)
セレナの要素は特に見られなかった?

男の子のソウジ
・タケシと同じで医療・料理が得意
・ポケモン博士になりたいのはシゲル?ケンジも博士の助手になので多少意識してる?
・デント要素は料理が洋食風だったことくらい?
・シトロンとおなじでレントラーに思い入れがあった

無理やり関連付けた気もしますが、各キャラからの影響は確実にありそう。
実際タケシと同じセリフをソウジも発言しています。

この為か旅をしてても自然に見られました。



ヒトカゲの件の中では回想ではじめてポケモンの死体が映像化されたと思います。
(遠回しな描写はありましたが)

ポケモンも生き物なので確実に死があるという事、アニメでは避けられがちなテーマですが

これを20周年の映画でやったのは感慨深いです。

命の重さもポケモンのテーマとして扱っていきたいという事だと思います。


また、ライバルのクロスですが、おそらくアローラ出身?

ダイパのライバルのシンジを思い出します。

ヒトカゲが弱いから捨て、サトシが拾い、強く進化させていく。

アニメのヒコザルと同じですね。

サトシとシンジの方向性の違いはアニメでじっくり描かれていましたが、

新人トレーナーのサトシの場合、クロスの行動は理解出来なかった。


勝負で負けた際には今のサトシでは考えられない、負けたのを自分のポケモンのせいにするという

言葉をこぼしてしまっていました。ここが、本当にリアルで良い。

10歳の子供が負けた結果そういった発想に陥るのは目に見えます。

クロスとしては基本的にシンジより稚拙で、ポケモンをゴミ以下呼ばわりしたりします。

サトシの羽を奪ったりと犯罪者です。

基本的にガオガエン使っていますが、ストーリー的にはルガルガンのほうが推されてた?


あとついでにロケット団ですが、予想はしていましたがチョイ役。

ただ、ロケット団がいないせいでサトシのピカチュウがただのピカチュウ止まりのような気がします。

アニメのロケット団が最初にピカチュウを特別扱いしたことで視聴者もサトシのピカチュウが特別強いと思うわけです。

今はもうピカチュウが特別という意識が視聴者側にあるのでそうならないかもしれませんが・・・。

個人的にロケット団ファンなので、初代のアーボ・ドガースの出番をちょっと期待していましたが、無かったですね。

野生ではアーボック・マタドガスが出てきたのでそれで満足ですが。
(アーボックに関しては当時の声優さんで、しかもやたらリザードンに巻き付いててよかった)

あと名乗りくらいはしてほしかった。

最後ソーナンスは出てきてくれたので良かったです。

アニポケではやっぱりピカチュウ・ニャースに次いで長いレギュラー歴なので

20周年でこいつが出ないのはあり得なかった。

そういえばもしかしてこの映画うえだゆうじさん出てない?


ストーリー気になった所


・キャタピー関連
キャタピーの対戦相手がカイロス、これはアニメでも同じでしたね。
トランセルに進化後も糸を吐くで活躍。アニメでは硬くなるだけだったのに・・・。
バタフリーに進化時にねむりごなで敵を撃退する所もアニメと同様でしたね。
ただオコリザルは眠らない特性なので、現代リメイクだとしたらちょっと甘い。
個人的にはここでサトシにオコリザルをゲットしてほしかった。
アニメ本編ではオコリザルをゲットしてからすぐ手放しているので
せっかくなので映画では活躍してほしかった・・・・。キャタピーから話がそれてます。
この後バイバイバタフリーでお別れですが、サトシははじめ絶対手放さない!とここでも
子供っぽさが見れとれます。すぐ決心して別れちゃうのですが。
アニメで感動だったエピソードが映画だとサックリやられちゃうので、ちょっとそこが寂しいですね。


・ガオガエン
地獄突きがエグイ、4足歩行すると笑える

・3犬
登場してくれただけでありがたかったですが、ライコウ・スイクンは一瞬でしたね。
最後もう一回くらい出てきてよかったのでは。

・マーシャドー
ホウオウが命を与えるのに対して、命を奪うのがマーシャドーという対比なんだとは思いますが、
いまいち目的がわかりにくかったのがあります。
ホウオウとの関係性もはっきりとは描かれていません。羽を持ったものを見定めている?
というのであれば3犬とかぶっていますし。
途中サトシに悪夢(ポケモンが居ない世界の映像)を見せたりします。
羽を黒く染めようとしてくるので、羽を狙っているだけの存在なのでしょうか。

・ぼんじい
タマランゼ会長っぽい。

・ピカチュウ
この映画で他のままでの映画と違うのが、しゃべるポケモンが登場しないこと。
アニメ本編はニャース以外はしゃべらないので本編寄りのこの映画も当然その路線でした。
しかし!!まさかのピカ先生が喋ってしまうとは・・・。衝撃すぎました。
当初のアニポケの構想としてピカチュウを喋らせる予定だった、というのを聞いたことありますが
それを実現させたということでしょうか。
びっくりするくらいチョッパー寄りでした。
あと、アニメ本編でも最初の登場以降一度もモンスターボールに入っていませんでしたが
映画でついに入りました。ここもかなり歴史的だったとおもいます。

・リザードン
なんとサトシくん尺の関係だとは思いますが所持ポケモンはバタフリーを逃したのでピカとリザのみ。
アニメ本編ではリザードから全くなつかなくなりましたが、映画では懐きまくってまして違和感。
また地球投げが復活していてよかった。アニメに再登場後は地球投げが消されてしまっています。

・サト死
マーシャドーに操られたポケモンにサトシは一瞬殺されます。
ミュウツーの映画を思わせる演出ですね。
ただ、何故か死ぬ際にキラキラ消えた。破壊光線を受けてるのでもっとグチャグチャになりそうですが・・・。
この後一瞬夢の世界の演出を再び登場させます。
ホウオウが復活させた?のかよく覚えてないのですがこのへんがかなりふわっとしてて
説明が欲しかったです。あと虹の勇者ってなに。

・野生ポケモン
ヒトデマン、スターミーがあの鳴き声で登場。良かった。
イワークも登場。やはりでかい。
バタフリーを狙うオニドリル。アニメ本編ではまず描かれない捕食という概念が存在する?
ゴローン強そう。
ドガースかわいい。
ニドランもかわいい。


エンディング

色々書きましたが、EDが一番泣けます。

歴代の仲間達が登場。動いているハルカ達をまた見れるなんて・・。

そこが良すぎたので映画全体が良かった気がします。

歴代の映画の舞台も描かれたりファンサービスが良い。

歌も良い。買いました(ダイマ)




いろいろ描きましたが、普通に感慨深い出来だったと思います。

よくここまでやってくれたと思います。チープな出来ならどうしようかと思いましたが

普通に満足しました。強いて言えば本編にもタケシ達を出してほしかったですが。

何回か見て考察したい欲も湧きます。

それではお疲れSUMMER
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply