少年よタマゴに帰れ

四月バカ

2019/04/01
伊与田まと
朝、監督に4塁守れって言われたんですよ。
4塁ってどこ?って思ったんですけどホームのことかな?と思って
ホームの前につったってたら時速170kmのスライダーが頬をかすめました。
びっくりして肺胞に穴が空きかけましたが、朝に正露丸をのんできていたので
肺全体がラッパの働きをして軽快なメロディーが球場を包み込みました。
観客全員がその音に聞き惚れ、家に帰ってから炊飯器のボタンを押すまで
お祭り騒ぎ!西日本ではお神輿の上にダルメシアン592匹ワンちゃんのひな壇がかざられるわ
スクランブル交差点では道場破りしたい夢追いし若者たちが時折見せるうつろ気な瞳にハートがどきどき。
しまいにはデリヘル嬢vsタッカー職人ハラハラディナーショーが執り行われるなど、催し盛りだくさん!
300円から遊べるアコンカグア風電信柱体験も見逃せない!

こんな感じの柄のトート欲しい人は今週末はセパレートおにぎりで決まり!!


4月バカ。


4月バカシリーズとは?

伊与田まとが昔からブログでエイプリルフールになにか長文を書くときのことです。
VigaHighでも2年ぶりにやりました。
以下、歴代の4月バカ。



ベビーリーフを脇の下に挟んで過ごし始めてから2年経ちました。

事のきっかけは妊婦が影分身の術をした際に
お腹の子供も分身するかしないかを研究していた最中だったのですが、
過労で倒れたひいおじいちゃんの井伊直弼3世が死に際にはなった一句
「グラタン皿 値段の割に 出番無い(字余り)」を思い出し、
俺も一人でコインランドリー行けるようにならきゃイカン!と奮闘しておりました。
すると、警備員さんに「キミ、コインランドリーに一人できたの?」と聞かれ、
「俺にはバヤリースが付いてる!」と言い返した所、バヤリースが破裂し
耳の中にまでバヤ汁がこべりついてきました。
その汁をベビーリーフと一緒に煮出して、カンパンに付けて食べると
東池袋大明神の加護と、オールシーズンしまむら30%値引きを得られます!

4月バカ。(2017年)



骨まで柔らかい!!!!!!!!!

そんな前提を脳裏に抱いて食べたゴライアスハナムグリ。
実際は岩。
岩みたいな硬さ。
歯ごたえが全部の岩より硬い。
めんどくさいなあって思いながらもうひと煮立ちさせ、骨までションナマさせる頃には朝を迎え
爽やかな風とともに不二家カントリーマアムの方が20000倍うまいってことに気付いて
そっと便器に捨てムグリ。

このようなことがあった日にワカメ漁に行くと一緒にパンジーの苗がたくさん手に入ります。

四月バカ。 (2015年)


大船橋・・・懐かしい響きです。

昔墨つぼという大工さんたちが使う木材に印をつける道具があったんですが
それによく似たダルメシアンを飼っていたことがあります。
そいつは人懐っこくてすぐに人の鉛筆をパクってきては僕に渡してくれました。
しかしかるーい気持ちで「おまえ墨つぼににてるよね」って言ったら
彼と彼のお母さん「えり子」と、その弟「かずひで」まで出てきて一族総出で
ブラインド越しにこう言いました。「30代からの肌予防…始めてますか?」
暴走を抑えられなくなったかずひでは赤いダウンジャケットを片手に
国道2万254号沿いをスムーズに進んでいくのでした。
その日から世界に偏差値というものが生まれたのです…。

四月馬鹿。(2012年)


この前不意にプリンが食べたくなってクリーニング屋にいった日の前日の話なんですが
コンピューター室に忘れ物したなーとおもって急いでカントリーマームを
オーブントースターに入れたままおもむろに郵便局に駆け込んだんですが
すでに多くの年賀状はがきが売り切れてしまっており、のこり24003枚しか
残っていなかったんです。
僕は怒り狂い郵便局すべてのスリッパに「やめないで、池上さん」と書いて
履歴書に同封。見事ポイントカードをひたすら剃り続ける仕事に就くことに
成功しました!

4月バカ。(2011年)


アンパン食べたいねとかいいながら階段を下っていると不意に蜃気楼を見ます。
そこには喘息持ちのなっちゃんの姿が。確かなっちゃんは53年前に死んだはず。
ですがそこにはなっちゃんの姿が。「おのれなっちゃんの亡霊めえええええええええええええええええ」
飛び込んだ先はバーミヤン。とりあえずバーミヤンラーメンを頼むのですが
店員全員が半笑いです。どうしたのかなって思っていたらぼくの肩の上になんと
電動鉛筆削りがガガガガガガガとうなりをあげて踊り狂っていたのです。ぼくは
それにまけず一本釣り戦法で応戦します。ですがレジの横にあるおもちゃコーナーに
気をとられて横四方固めをうけてしまいました。その痛みを忘れずに果汁グミを食べると
元太くん似のスーパーナイスバディな子に迫られる夢がみれます。

4月バカ。(2010年)



咲き誇るさくらを見ながらスーラータン麺をすする女の子を横目で見つつ
榛名山の標高1200m付近で五臓六腑専門の外科医ドクター溝口住職に
「うちにこんか?」とお誘いを受けてしまいました。私は少々戸惑いましたが
キリンの目にもパウダーということわざを思い出し、四輪駆動で乗り込んだところ
風圧に負けて船橋まで来てしまったので仕方ないのでボジョレーヌーヴォー
四万本とキテレツDVDをお炊き上げしておいたら次の日あたらしいミシンが
ロータリー付近で逃亡中というニュースをやっている夢をみたら、
家がバリアフリーになっていたのはおとといのお話。

4月バカ。(2009年)



昨日しかんブラシ買いに行った帰りに
ふんわりコットン麺棒700円というのがあったので
「そいつとこのおれのジャムを組み合わせてくれ」といってみたところ快くOK。そんで大都会東京のボスと言われる男「R」と直接対面し、メスシリンダーの間から生まれたたくあん星人(βタイプ)の水泳の事を思い出しながらジャンガリアンハムスターのオリに洗濯バサミをつけて川のところへこしょうをばらまきに行ったらなんと二次方程式が解けちゃうってわかってからぼくは自分のツメのケアを怠らなくなったんです。

四月バカ。(2008年)



ワタクシ実は寿司屋だったんです。
毎朝5時におきて市場へ向い新鮮なネタを
自分の目で選び、その場で購入。店に持って帰って
さばくんですたい。そしてお客さんの喜ぶ顔っていったらぁなんというかもうバカだよ。寿司なんてなぁ、ドラえもんの入れ物に入った奴を見て喜んでろっていう感じですわいな。ハンドル操作誤って店に車突っ込ませる阿呆もいればみりんと醤油をまぜて自慢げに街を練り歩くおばあちゃんだっているんだぜ。どうなってんだよこの村は。キダム呼ぶぞコノヤロウっていうテンションでパチンコ行くと89%の確率で勝ちます。さあみんなパチンコ屋へGO!

四月バカ。(2007年)




余談ですが他でも言いましたが伊与田まとの個人サイトが終了しました。
2006年ごろからやっていたのでかなり心惜しいです。
これからはVigaHighを全力で頑張りたいのでよろしくおねがいします。4月本当。
関連記事
ヴぃがハイ
Author: ヴぃがハイ
絵や漫画を描きます。
連絡先:vigahigh☆yahoo.co.jp(☆→@)